7月28日、都内で、7 人組グループ『関ジャニ∞』が、映画『エイトレンジャー』の初日舞台挨拶を行った。

本作は、『関ジャニ∞』がコンサートで披露してきた戦隊パロディを映画化。荒廃した近未来を舞台に、借金苦、アルコール依存症、一発屋の元バンドマンなどワケありの若者7人が『エイトレンジャー』として、テロリスト集団との戦いに挑む。

本作の監督を務めた堤幸彦監督(56)がひそかにこだわったのは、村上信五(30)のチャームポイントの八重歯の見せ方だという。村上は「八重歯に関しては日本一ちゃうかな。フィーチャーしてくれるのは堤監督ぐらい。技の名前が『キシリトールフラッシュ』いうぐらいやからね。今後は気軽に見せません」と自慢の白い歯をのぞかせた。そんな村上の姿を見た横山裕(31)は「良かったなー。八重歯がフィーチャーされてな。いっつもグルメリポートに言っても物が挟まって、NGになることしかなかったもんな。一番喜んでるわ、俺が」と話し、笑いを誘った。

最後に横山は「この夏、オリンピックも始まりましたけど、僕たちは『エイトレンジャー』で夏を盛り上げたいと思いますので、皆さん力を貸してください!」とPRした。