感動のドラマが繰り広げられてきたロンドン五輪もあとわずか。『スポーツニッポン』紙の五輪特派員チームとしてロンドンに滞在した記者が、本誌に取材秘話を明かしてくれた。

48キロ級で、日本女子重量挙げ初のメダル(銀)を獲得した三宅宏美(26)。

「北区にある味の素ナショナルトレーニングセンターには多くのトップアスリートが集まります。ここに通う選手を中心とする女子会があって三宅もそのメンバー。会の中心には元競泳選手の田中雅美さん(シドニー五輪女子400メートルメドレーリレー・銅)やバドミントンの潮田玲子、なでしこジャパンの澤穂希らがいて、話題はトレーニングのやり方や食事のとり方まで多岐にわたるようです。

三宅の父・義行さん(66=メキシコ五輪重量挙げフェザー級・銅)は『宏美は自分で考えられるようなったし、友達からの情報で練習メニューも組めるようになった』と評価しています」(首藤記者)

関連タグ: