感動のドラマが繰り広げられてきたロンドン五輪もあとわずか。『スポーツニッポン』紙の五輪特派員チームとしてロンドンに滞在した記者が、本誌に取材秘話を明かしてくれた。

日本卓球界初のメダルこそ逃したが、日本人で初めてのシングルでの4強入りをした石川佳純(19)

「彼女の成長を支えているのは”高いプロ意識”です。ロンドン五輪を視野に入れてから、ラリーのじゃまになると言って、自分で前髪をバッサリ切り落とし、食生活もがらりと変えました。生ものはほとんど口にしなくなったし、大好きな焼き肉も封印した。卓球のために”強豪国”の中国語を勉強していて、今回、中国のメディアには中国語で答えていました。こうした努力は、必ず次につながるはずです」(鶴崎記者)

4年後はきっと表彰台に!

関連タグ: