8月11日、都内で、スウェーデンの人気歌手、ウルリック・マンター(18)が初のファンミーティングを行った。

妖精的な容姿と抜群の歌唱力で『ウルウル・サマー』など5曲を歌い、女性120人を魅了。「日本大好き!」。日本女性について「ちょ~、かわいい」と、覚えたての日本語で話していた。

作曲能力に魅力的な歌声が高く評価され、米、英を中心に20以上のレーベルからオファーが殺到しているウルリック。11年8月のデビューアルバム『Ulrik Munther』が、国内チャートで初登場1位を記録した。わずか1年でトップシンガーに仲間入りし、国外最初のデビュー地に、大叔父が住んでいた日本を選んだという。

この日は初来日して5日目で「カラオケに行った」と話し、笑わせた。また、日本について「大叔父さんが東京に住んでいて、思った通りのすてきな国。敬いの気持ちを持ってて熱い」と絶賛した。サッカー経験のあるウルリックは、来日後も五輪の結果に関心を示していたという。「澤さん、知ってます。あとAKB48も」と、笑顔で日本通をアピールした。(撮影:小山伸正)

関連タグ: