12日、都内で、杉良太郎(67)が監督・脚本・主演するBeeTVドラマ『親父の仕事は裏稼業』の完成披露上映会が開かれた。

同作は人望が厚く、やくざの組長として一家をまとめる松田五郎と、彼を父親に持つが故に悩み傷ついていく息子たちが、すれ違いぶつかり合いながらも家族の絆を再確認する姿を描く。家族の絆をテーマにした理由について杉は「今は家族だんらんがなくなったため、お父さん、お母さんを敬う教育も全然できておらず、いじめや自殺などいろんな問題が起きています。そういったものを、ドラマを通じて感じてほしい」と熱く話した。

ロンドン五輪について聞かれると、金メダル0に終わった男子柔道陣への不満をさらけ出し「あまりにもふがいなくて腹立たしかった。ホルモンが欠如してるんじゃないか。『俺が監督してやろうか』と思いながら見てました」と怒り心頭だった。

また、この日は14日に誕生日を迎える杉に、共演の高島礼子(48)らがサプライズでバースデーケーキをプレゼント。突然の出来事に目を丸くしながら、杉は「手が込んでたんでびっくりしたね」ととまどいつつ「『家族』でお祝いしていただけるなんて。ありがとうございます」と感謝していた。(撮影:桑原靖)

関連タグ: