15日、都内で、『キンダー・フィルム・フェスティバル』のオープニングイベントが行われ、フリーアナの内田恭子(36)が出席した。

今年20周年を迎える同イベントは、日本最大級の子どもの世界映画祭。映画祭実行委員長を務める戸田恵子(54)は「おかげさまで20周年を迎えることができました。お子さんたちのためにやっている映画祭ですが、大人たちが誘ってあげないと、なかなか進行できないので、一人でも多くの大人の方たちに、これからもこの映画祭を導いていただければなと思います」とあいさつした。

一方、13日に自身のブログで第2子の妊娠を発表した内田はおなかの膨らみが目立たない、ゆったりとした衣装で登場。ほかの出席者らに拍手で祝福されると「すこぶる元気です。体調も安定していて、食欲と戦っています」と満面の笑み。現在妊娠5カ月で、来年初めに出産予定。性別はまだ分からないという。

4人の子を持つ中山秀征(45)が「少子化ですし、まだまだ若いので、3、4人と産んでください。体調には気をつけて」とアドバイスを送ると、内田は「まずはヒデさんファミリーを目指します」と笑顔で応えた。(撮影:柴田悟)

関連タグ: