役者デビュー20週年の今秋、初めて連続ドラマに主演することが発表された谷原章介(40)。11月スタートの『償い』(NHKBSプレミアム)で、元エリート医師を演じる彼は、ホームレス役にも初挑戦。ホームレスの役作りのため無精ヒゲを生やし、ダイエットにも励み約10キロ減量するほどの力の入れようだ。

 そんな“新境地”と時を同じくして、プライベートでも新たなスタートを切っていた。
世田谷区の閑静な住宅街。その一角には、完成したばかりの谷原の新居が――。

「8月の中旬に、谷原さんと奥様がお引っ越しのご挨拶にいらっしゃいましたよ。もうお住まいになっているようですが、何しろ広いお宅なのでお子さんたちの声も聞こえませんね」(近所の住人)

 新居から子供を自転車に乗せ、買い物に出かける夫人の恵美さん(34)。谷原夫妻には、8歳の長男を筆頭に、今年2月に誕生した男児まで3男2女、5人の子どもがいる。

 谷原がこの土地を購入したのは3年前。昨秋に地下1階地上2階の新居の建築が始まった。今年8月に完成した新居は、建築面積約380㎡で土地代と合わせ総額約6億円ともいわれる“白亜の豪邸”だ。

「先日、新居の前を通ったら、インターフォンが2つ、メールボックスも2つあったので、2世帯住宅なのかなと思いました」(別の近所の住人)

神奈川県内にある谷原の実家を訪ねた。74歳の父親は谷原の新居をすでに訪れたようで、「立派な家になりましたね」と話していたが、夏バテで体調を崩し、言葉少なだった。

「お父さんはここ数年、お一人で住んでいます。8月末でここを引っ越して、9月から息子さん一家と一緒に住むそうです。3世代での同居は、息子さんの希望だったようで、お父さんは『孫たちと一緒に暮らすのが楽しみです』と喜んでいました」(実家近くの住人)

ひとり暮らしが長い実父には、愛息からの3世代同居の提案は感涙ものだっただろう。

関連タグ: