30日、東京・赤坂のACTシアターで、7月に米ブロードウェーデビューを飾った米倉涼子(37)の主演ミュージカル『シカゴ』の凱旋公演が開幕した。

米倉は、アジア人としては初の主役ロキシー・ハートを務めているが「やってやった感より、未熟感の方がある」と話し「自分が思っている以上に祝福してくださって、ちょっとびっくりしている感じ。楽しかったですよ!でも英語がつらくて…。それは今でも課題。また機会があったらブロードウェイに行きたい」と刺激と興奮は冷めやらぬ様子だった。

また、プライベートでは米国公演から帰国しつかの間のオフだった今月中旬、3歳下の一般男性との手つなぎデートの現場を一部週刊誌にキャッチされた。米倉は、笑いながら「あの時は本当に久しぶりのお休みの前だったので、ただの酔っ払いです!本当に覚えていない」と話し、お相手は「友達、飲み友達です、ハイ」と交際を否定。その一方で「恋人かと思ったのですが…」という報道陣の言葉に「そういうふうになればいいですけど…」と関係の進展を期待するかのような発言も飛び出した。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: