30日、モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(19)が、ファッションの街、東京・原宿の魅力を伝える『原宿カワイイ大使』に任命され、都内で行われた認証式に出席した。

『原宿カワイイ大使』とは、原宿発のファッションや原宿の文化を、外国人に認知してもらえるよう世界各国に発信する役割を担い、原宿のシンボルとして原宿神宮前地区をより活性化させ、若者文化を発信していくことを目的とするという。これまでのきゃりーぱみゅぱみゅの海外での活動を称え、渋谷区、原宿神宮前商店会より任命された。

渋谷区の桑原敏武区長と原宿神宮前商店会の八木原保会長から委嘱状を受け取ると「本当に本当にうれしいです!ありがとうございます!」と元気いっぱいにコメント。高校2年生の時に原宿の街で初めてファッション誌にスナップされたことがきっかけでモデルデビューに至り、原宿という街と出会ったことによりファッションや海外のカルチャーに興味を持ったこと明かした。

最後にきゃりーは「きゃりーぱみゅぱみゅは原宿から生まれた、第2の私の人生のスタートだと思っています。これからも『原宿カワイイ大使』に任命されたからには、この原宿のカワイイカルチャーを広めて、世界中を麻痺させたい」と宣言した。(撮影:鈴木鍵一)