通例なら11月に発表されるNHK『紅白歌合戦』。今年の出演者は誰なのか、どこよりも速く本誌が大予想!

「紅組の司会は、大人気の朝ドラ『梅ちゃん先生』のヒロイン、堀北真希さんでほぼ決まりでしょう。堀北さんは、この8月に放送された、夏の『紅白』といわれる『思い出のメロディー』では、スペシャルプレゼンターとして登場。曲と歌手の紹介もそつなくこなし、合格点。白組の司会は、今年も国民的アイドルの座をキープしている嵐が、3年連続で務めることになりそう」(テレビ担当記者)

 ズバリ、落選候補は!?

「昨年の『紅白』は《歌の力で東日本大震災の復興を》ということで、被災地に関連した歌手が何組か出場しましたが、同じ歌手が今年も続けて出る可能性は低い」(音楽関係者)

「『紅白』はネガティブなイメージを嫌いますから、事務所トラブルを起こした小林幸子は、さすがに今年は落ちそうです。同様に美川憲一の復活も無理なのでは。さらに、小林さんが相談している事務所とマネージメント契約している森進一さんも“当落線上”(前出の音楽関係者)
 
竹島問題の余波で、出場歌手に“異変”が!

「少女時代やKARAなど、いわゆるK-POPは非常に厳しいといえます。ただ、東方神起は安定したファン層がありますから出場濃厚です」(音楽関係者)