4日、都内で、人気アイドルグループ・『AKB48』を卒業したばかりの前田敦子(21)がフォトブック『あっちゃん』の発売記念イベントに出席した。

前田が「AKB48としてのわたしのすべてが入っています」と語る同書は、撮り下ろしのグラビアのほか、2万字のインタビュー、秋元康氏(54)やメンバーたちとの対談を収録。前田の本音にギュっと迫った内容となっている。

AKB48としては「やりきった。やり残したことは何もないと」きっぱり語る前田。さらに、「AKB48には感謝です。これからもいい仲間であり、家族であり、ライバルでいてほしい」とエールを送った。今後は女優業を中心に活動していく意向だといい「私はお仕事に対しては受け身だと思っていて、私を必要としてもらえるならば、全力でやります」と力強く語った。

卒業公演から約1週間が経ち、同グループでは禁止だった恋愛が解禁となった前田。恋は「したいです!」と声を弾ませ、理想のデートは「映画館に行って、アクション映画やコメディー映画を観たい」と笑顔。好みのタイプは頭のいい男性で「映画を理解できる人がいいです。その人なりの意見とかお互いにいろいろと話し合いたい」と明かした。(撮影:江口明裕)

関連タグ: