6日、都内で、スズキの軽自動車『新型ワゴンR』のCM発表会が行われ、俳優の渡辺謙(52)がゲスト出演した。

『ワゴンR』は1993年の発売以来、377万台を超える販売実績を誇るスズキの看板車種だが、身長183センチの渡辺は「軽自動車は軽い、小さいというイメージで、自分には遠い存在だと思っていた」という。しかし、CM撮影で実際に運転席や後部座席に乗って確かめたところ「違和感のないゆったり感で、大人4人が楽々乗れるスペース。軽への考えを改めなければいけないほどの衝撃だった。早速購入しました」と『新型ワゴンR』を購入したことを明かした。

9日納車予定といい、妻で女優の南果歩(48)と試乗したところ、南は広い後部座席であぐらをかいていたとか。「お見それしました、という感じ。僕みたいな大きい男がこういう車に乗るのはオシャレかな、と思う。これで撮影現場に行きます。近所のソバ屋にも行きたい」と声を弾ませていた。

渡辺は、改めて『新型ワゴンR』を高く評価し「とてもチャーミングな車ですが、ポテンシャルは高い。僕がしっかりと乗ることで、多くの人に届けたい」とPRしていた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: