2日、都内で、映画『ツナグ』のギネス世界記録挑戦試写会が開催され、キャストの松坂桃李(23)、樹木希林(69)、佐藤隆太(32)、桐谷美玲(22)、平川雄一朗監督(40)が登場した。

ギネス・ワールド・レコーズ公式認定員・石川佳織さんの立会いのもと、松坂らキャストと観客合わせて1001人が1分間小指をつなぎ、『ロンゲスト・ピンキー・スウェア・チェーン』に挑戦し、見事にギネス記録として認定された。1分間の挑戦が終わった後も、石川さんの審査を待つ必要があり、松坂さんも「何とも言えない緊張感ですね…」と表情も恐々。ついに石川さんの口から、チャレンジ成功が告げられると、会場からは一斉に歓声が上がった。
 
認定書を手にした松坂は「みなさん。今日はギネスに協力していただきありがとうございました。この記念すべき、歴史的な瞬間に立つことができて僕も幸せです。心を込めて作った作品です。皆さんが感想を添えて、まだ見ていない人につなげていってほしい」と話した。

また、ギネスに挑戦する前は「何の意味があるのかな?」と首を傾げていた樹木も快挙達成に「ありがとう、ありがとうございます!」ととびきりの笑顔を見せていた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: