3日、都内で、『新春演歌まつり』の告知イベントが行われ、芸能事務所『長良グループ』に所属する演歌歌手の山川豊(53)、氷川きよし(35)らが登場した。

来春で7回目を迎える恒例イベント。来年2月7日に名古屋・ガイシホール、同9日に大阪・大阪城ホール、同23日に横浜・横浜アリーナで開催。イベントでは所属歌手でバンドを結成し、『新春演歌まつり』でお披露目することをサプライズで発表し、2000人のファンを驚かせた。

出演者はやる気満々。担当楽器などは検討中だが、決まりしだい、公演までの4カ月で猛練習を積む。カスタネットしか楽器経験がないという氷川は「和太鼓に挑戦したい。赤ふんどしで」と気合十分。『AKB48』の岩佐美咲(17)も「ギターはやったことがあったので、ドラムをやってみたい」とチャレンジ精神をのぞかせた。

「童謡をやってみたい。ふるさとを思いだすような」と提案した山川は「あと4ヵ月あるので、新春演歌まつりのステージで僕たちの練習の成果をぜひ見ていただきたい」と期待を込めた。氷川も「長良グループでしか表現できない『演歌魂』を見せたい」と意気込みを語った。