8日、神奈川・横浜アリーナで、『KinKi Kids』の堂本光一(33)が、自身2年ぶりとなるソロコンサートツアーの横浜公演を行った。
 
3日にリリースし15日付のオリコンアルバムチャートで1位を獲得したソロアルバム『Gravity』を引っさげ、踊りまくりの構成。マイケル・ジャクソン(故)の振り付けを手掛けたトラヴィス・ペイン氏とタッグを組んだ『Danger Zone』など21曲を披露した。

直後のMCでは「オープニングの1曲だけでKinKi Kids5公演分の汗をかく。死ぬかと思った」と苦笑したが「今まで21~22年ジャニーズでやってきて、初めてジャニーさんにほめられた。今まで『ユー、最悪』だったのに『構成もMCもスキがないね。ユー、素晴らしいよ』って。気持ち悪かったけど、やっとだなという気がしてます」と照れた。

また、この日『KinKi Kids』として15年連続の東京ドームコンサートを実施することを発表。光一は「恒例の年末年始コンサート決定しております。日にち、君ら知らんやろ? 余計に教えたくねえぜぇ~」と、スギちゃんをネタにおどけてみせると、今年も『KinKi』と年越しできるとわかった1万5000人の観客は、大喜びで会場は大歓声に包まれた。

関連タグ: