23日、ゴールデンボンバーのボーカル鬼龍院翔がソロシングル『Life is SHOW TIME』の発売記念イベントを都内で行った。

同曲は、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーウィザード』の主題歌になっており、鬼龍院は「いつもは女々しくてネガティブな歌しか歌わないけど、今回は自信満々な歌ですごく違和感があって」と本音を告白。「今後、ゴールデンボンバーでポジティブな曲は作りますか」と聞かれると「ないです」と即答していた。それでも「ゴールデンボンバーは下品だけど、この曲は子どもたちに安心して聴かせて!」とアピールしていた。

イベントには、イリュージョニストのプリンセス天功も登場し、鬼龍院とともにイリュージョンを披露。箱に入れられた鬼龍院の体がバラバラになると、客席からはどよめき。イリュージョン終了後、感想を聞かれた鬼龍院は「骨盤のゆがみが治りました。バラバラになって気持ちよかったし、血流がよくなった」と話した。

また、ライバルを聞かれると「バラエティーで活躍したいので、栗原類、あの人に勝ちたい…」と静かな闘志を燃やし、笑いを誘っていた。(撮影:江口明裕)

関連タグ: