24日、都内で、東京国際映画祭特別招待作品『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の舞台挨拶が行われ、女優の柴咲コウ(31)と真木よう子(30)が出席した。

本作は、10数年前のバイト仲間で、いまなお友情を保ち続けている3人の女性が、それぞれに悩みを抱えながらも小さな幸せを見つけ、前向きに生きていく姿を優しく描き出す。

「撮影中、この映画に励まされ、癒された」と語る柴咲。劇中の言葉で惹かれたというのが「自分で迷って、考える」と「私、一人で死ぬの?」という2つの言葉だと明かし「対照的な一言ですが、毅然と人生を歩まなきゃという思いとその反面、脆くか弱い内面が表れていると思います」と語った。真木は「『原作と違うものになるんだろう』と思っていたんですが、漫画原作の映画化として成功している例となっていると思います。漫画の伝えたかったことはそのままに、みなさんを癒す優しさが含まれています」と話した。

二人は今回が初共演。お互いの印象について柴咲は「撮影中も、見ての通り『クールビューティー』です」と明かす。一方、真木は「何度も座長を務めているので、柴咲さんを見て勉強させていただきました」と話した。(撮影:小山伸正)

関連タグ: