27日、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(37)が自身の著書『アンタッチャブル柴田英嗣の日本一やかましい動物図鑑2』の発売記念イベントを都内で行った。

同書は、芸能界随一の動物好きとして知られる柴田が、動物の生態系や雑学を独自の切り口で紹介する第2弾。柴田も出来には満足のようで「1年間お休みを頂いていたので、また動物に詳しくなりましたよ。家に引きこもりだったので」と自虐まじりに話した。

2010年の2月から約1年間の活動休止を経て、昨年の1月に芸能活動を再開した柴田。現在はコンビではなく、一人での仕事が主になっている。相方である山崎弘也(36)との不仲説も流れたが、「あいつにもこの本を読んでもらわないとね。けどあっちは、忙しいからねえ。けどまた早く一緒にやりたい。まずは漫才から始めようかな」と笑顔で語った。