27日、都内で、第25回東京国際映画祭・特別招待作品『横道世之介』の舞台挨拶が行われ、俳優の高良健吾(24)が出席した。

同作は、嫌みのないずうずうしさと底が浅いのか深いのか測りかねる言動で人を引きつけ、頼みごとは断れないお人よしな主人公・横道世之介と周囲の人たちの青春時代を描く。

本作で4度目の沖田監督作品出演となる高良は「映画の現場はつらいイメージがあるのですが、沖田組はいきいきとできる場所。すてきな原作、そして今までやったことがないような役を、沖田監督の下、主演としてやらせてもらえたことはデカかった」と話した。

また、ヒロイン役の吉高由里子(24)とは、映画『蛇にピアス』以来5年ぶりに共演。撮影を振り返った高良は「『蛇にピアス』のときは二人ともあまりしゃべらずに暗かったのですが、この作品では明るくやれました。予期せぬことが起こるから、面白いですよね。吉高さんじゃないとできないテンションとか、間とか」とコメント。これにすかさず監督から「悪口じゃないよな?」と突っ込まれていた。