30日、お笑いタレントのスギちゃん(39)が、東京・上野で開催中の『メトロポリタン美術館展』の一日館長を務めた。

日本初公開のゴッホ作『糸杉』が展示されていることから『スギ』つながりで任命。ゴッホといえば、剃刀で自身の耳を切り落とした姿を描いた『耳を切った自画像』でも有名だが「自分の耳を引きちぎったし、ゴッホってワイルドですよね。私も何かをみると、引きちぎりたくなる。引きちぎるものこそ、ワイルドでしょ。でも、耳はちょっとやりすぎ。絵描き界のワイルドはゴッホですね」とスギちゃん。そんなスギちゃんは『糸杉』を模写し、自身の絵について「売るとしたら?500万円。ボードが高そうなので。来年には1円にもならないと思うけど」と自虐し、笑いを誘った。

また、この日もいつものGジャンとジーンズのハーフパンツ姿にたすきを掛けて登場したスギちゃんだが「もう肌色のやつを下に着ようかなと思って。俺は寒いのは好きじゃないから、中に着ちゃおうって、靴は履いちゃおうかなって思ってる」とワイルドじゃない発言も。最後は「最近、『ワイルドだろぉ~』に照れが出てきちゃう。恥ずかしくなっちゃった」と本音を漏らしていた。(撮影:江口明裕)

関連タグ: