3日、都内で映画『のぼうの城』の舞台挨拶が行われ、主演の狂言師・野村萬斎(46)らが出席した。

本作は、和田竜の同名ベストセラー小説を映画化したもので、豊臣秀吉が唯一攻め落とせなかった城の城主・成田長親にスポットを当てた時代劇。野村は満員の観客を前に少し動揺を見せつつも「みなさん!感動しましたか?笑いましたか?」と観客に呼びかけた。

またイベントの企画として、野村率いる長親軍と秀吉軍に別れての玉入れも行われ長親軍が勝利。会場は大盛り上がりで野村も大満足の様子だった。

最後に野村は「百聞は一見にしかず。面白かったと吹聴してください。みなさんぜひ友達に広めて見に来てほしい」と本作をPRした。(撮影:鈴木鍵一)