4日、都内で女性ファッション誌MORE(集英社刊)の『創刊35周年スペシャルイベント』が行われ、専属モデルのAKB48・篠田麻里子(26)、田中美保(29)、鈴木えみ(27)らが登場した。

同誌の1月号の表紙を務める篠田は「普段は男性ファンの方が多いのですが、女性ファッション誌の表紙を飾れるということで、本当に嬉しいです。夢がひとつ叶いました」と目を輝かせた。

同イベントには“ネガティブ過ぎる”と話題のモデル栗原類(17)も登場。篠田と一緒にランウェイを歩いた。栗原に対し篠田は、「本当は一緒に歩いていくはずだったのですが、後ろの方にいて遅かったので置いてきちゃいました」と話し、笑いを誘った。

また大幅にメンバーがシャッフルされた新生AKB48については、「無事初日公演も終わったし、ほかのチームに負けないというライバル心も芽生えてきている」と手応えを口にした。

集まった読者1000人も、お目当てのモデルが登場すると「カワイイ!!」と声援をあげ、大興奮だった。(撮影:小山伸正)