6日、都内で第10回『クラリーノ美脚美脚大賞2012』の表彰式が行われ、20代部門からは女優の上戸彩(27)が受賞した。上戸は、「本当に嬉しいし、光栄。憧れていた賞だったので誇りに思います」と胸を張った。

同賞は、健康的な美脚を持つ女性に送られるもので過去には、長澤まさみ(25)や米倉涼子(37)らも受賞している。

また30代部門からは、女優の吉瀬美智子(37)が選ばれた。吉瀬は今年の8月に左足の人さし指を骨折し、全治1ヶ月と診断されていたが、「もうすっかり治りました。大丈夫です」と笑顔で報告した。

美脚の秘訣について聞かれると、上戸は「足裏のマッサージにはなるべく行くようにしています。ちょっと痛いけど我慢(笑)。あと汗をかくことも心がけています」と話した。

受賞者:ティーン部門、宮崎香蓮(18)。20代部門、上戸彩。30代部門、吉瀬美智子。オーバフォーティー部門、賀来千香子(51)。
(撮影:河崎文雄)

関連タグ: