11月12日、東京・六本木で『WHISKEY HILLS AWARD2012』授賞式が行われ、俳優の小栗旬(29)、女優の観月ありさ(35)が『Best Whiskey Lover』に、作家の北方謙三(65)が『WhiskeyMaster』にそれぞれ輝いた。

同賞はウイスキーが似合う著名人に贈られるもので、小栗は「嬉しいです。ウイスキーのように人生も熟成させていきたい」と喜びを語った。観月も「このような賞がいただけて、ウイスキーが似合う女性になったのだなと実感、感動しています」と話した。

また、小栗は仕事が終わって一人でウイスキーを飲むことが多いらしく、「一杯のウイスキーを、時間をかけてゆっくり飲みます。そういう自分が若干かっこいいと思う」と自画自賛し会場を盛り上げた。

全国各地に行きつけのバーがあると話す北方は「自分の書いている作品のなかで、お気に入りの人物が死んでしまった時に弔い酒として、飲むことが多い。ウイスキーの香りがその人物の香りとなる」とウイスキーの魅力を話した。

授賞式の後、『WHISKEY HILLS2012 イルミネーション点灯乾杯式』も行われ、ウイスキーをイメージした色に染まったイルミネーションを見て、小栗は「ますます美味しく感じますね」と笑顔で話した。

(撮影:江口昭裕)

関連タグ: