「浜崎さんは今年4月から全国ツアーへ向けての曲目や構成などを練っていましたが、そのころからマロさんとの仲が噂されるようになっていました。交際宣言と聞いて、やっぱりという思いでしたね」(音楽関係者)

14日、自身のバックダンサーを務める6歳年下の“マロ”こと内山麿我(28)との真剣交際を認めた浜崎あゆみ(34)。彼女がマロと初共演したのは、5年前の野外フェス『a-nation』だった。今年8月リリースの『You&Me』のプロモーションビデオでは恋人役を演じ、急速に仲が深まっていったという。

「実はこれが浜崎さんの“愛の手口”なんです。昨年1月に結婚したオーストリア人の俳優・エマニュエル・シュワルツさん(32)ともプロモーションビデオを共演したことがきっかけで結婚しています。気に入った男性を恋人役に指名する。そしてPVで擬似恋愛をするうちに、互いに本気になっていく。それがいつものパターンなんです」(前出・音楽関係者)

楽曲から演出、プロモーションに至るまでを自身でプロデュースするというあゆ。もちろん、バックダンサーも最終的には、彼女の意向が尊重されてきたという。

「“チーム・あゆ”のダンサーは、ダンスの技術はもちろん、最終的には彼女好みの“イケメン”であることも大事。ステージ上で恋心を熱く歌い上げるために、必ずひとりはお気に入りのダンサーを入れているそうです。その役割がここ数年はマロでした。彼女の理想の男性像は、『自分の言うことを何でも聞いてくれて、ずっと一緒にいてくれる人』。つまり、自分を“女王様”のように扱ってくれる男性なんです」(前出・音楽関係者)

だが、彼は様々な問題を抱えていた。現在、15歳年上女性と離婚裁判中でもあったのだ。

「裁判では、マロが複数の女性と浮気を繰り返していた証拠として、メールや写真などが提出されたそうです。しかも、彼はその浮気相手のひとりであるモデル女性を妊娠させ、昨年9月に未婚のまま出産させたことも明らかになったそうです」(芸能関係者)

しかし、あゆはまったく気にしていないようだ。自身の会員制サイトで、彼女はきっぱりとこう宣言している。

《皆に隠し事をしているのはもう嫌だったので、ハッキリ伝えたいと思います。マロちゃんとは真剣にお付き合いをしています。けれど、これからも仕事は仕事、プライベートはプライベート、しっかりきっちり分けて、変わらず最高のステージを創って行きます》

電撃再婚する日も近い!?

関連タグ: