「年齢に関係なく、幅広い世代のスタッフとの仕事が刺激になっていると思います。思いがけない賞をありがとうございました」
13日の『アンチエイジング大賞』授賞式で、そうコメントを寄せたのは高倉健(81)。

 興行収入20億円突破のヒット作となった8月公開の主演映画『あなたへ』で“ポジティブにアクティブに年齢を重ね、いつも輝き続けている”男性として高倉が選ばれたのだ。
「健さんが80歳を過ぎても現役でいられる秘訣は、映画のオファーが来たとき“いつでもスタンバイできている”という強い意志です。健さんはひとつの作品を撮り終えると、フェイドアウトするように姿を消します。観客の気持ちを裏切りたくないのでしょう。と同時に、次作のために体を管理し、心を整えています」(映画関係者)

高倉は都内にいる間は連日、40年以上の付き合いになる馴染みの理髪店に通っている。
「都内のホテル内にある理髪店には、健さん専用の個室があり、専用のファックスもあります。散髪せずにコーヒーを飲み、ビデオを観て帰ることもあるそうです。ご主人と談笑するのが、何よりの“憩いのひととき”なのでしょう。クランクインする前には、映画の役柄に合うように、ご主人自ら髪型を決めているそうです」(高倉の知人)

 スクリーンで健在ぶりを見せてくれた高倉だが、気になるのは次回作。
「最近、高倉さんは親しい記者に、次の作品の構想を打ち明けていたそうです。『寅さんのような“テキ屋”は今の日本では生きづらくなってきた。そんな男がパリに渡る役を演じてみたい』と。どうやら“チョイ悪”シニア2人が日本人観光客を騙すストーリーになるようです。外国の方々もスタッフに入れて日本人スタッフに映画作りを学ばせたいとも話していましたね
(映画関係者)

“奇跡の81歳”健さんの次回作が今から気になる!

関連タグ: