「私が都知事選に立候補するとか、参議院から衆議院へのくら替えなどの話が出ていますが、党から私のもとにはいっさいオファーはありません」

そう語るのは、民主党・蓮舫参院議員(44)。都知事選と衆院選のW選挙が決まり、一気に選挙モードに入った永田町。政界の動きが風雲急を告げるなか、蓮舫議員は、別の悩みを抱えているようだ。

蓮舫議員は中学3年生になる男女の双子の母親でもある。多忙な議員生活を送りながら子育てに奮闘してきたが、子供たちも難しい年頃。蓮舫議員の家庭も民主党と同じく逆風に見舞われていたのだ。子育ての悩みを本誌だけに告白してくれた。

「娘とはいろいろ話をするんです。流行りの音楽のことを教えてもらったり、映画を一緒に見に行ったりと、たくさん趣味を共有しています。でも、息子のほうは……。なかなか難しいですね。私たちと口をききたがらない。親と話すのが面倒くさいという思いがあるんでしょうね。部屋にこもったままのことも多いです。でも話しかけても返事をしないのは許しません。厳しいですよ、ウチは」

高校進学を控えた子どもたちは難しい年ごろであり、特に長男は反抗期の真っ最中にあるという。息子とのコミュニケーションには、スマートフォンを利用しているそうだ。

「子どもに携帯電話を持たせることには賛否があると思いますが、ウチは持たせてます。息子ともスマホで連絡を取り合っているんです。音楽や写真も共有して楽しんでいますよ。もちろん、子どもがどこに通話したか、どのサイトをのぞいたか、しっかり把握しています」

長男は、中高一貫校での高校への内部進学が危ぶまれたこともあるという。成績について聞いてみると「干渉しないのがモットーですが、落第は許しません。娘は成績がいいのですが、息子は及第点。落第の成績ではありません。『自分の将来は自分で決めなさい』と言ってあります」

政治については子どもたちふたりとも詳しいようだ。どんなに多忙でも家族全員が一緒のテーブルにつく朝食の食卓では「政治経済の議論は当たり前」なのだという。

「でも子どもたちにしてみれば、母として厳しく接しているので『家から早く離れたい』っていう思いもあるんじゃないですか……」と語る蓮舫議員。民主党と家庭を襲う逆風に、悩みはつきないようだ。

関連タグ: