11月23日、ミュージカル『シラノ』のトークイベントが行われ、俳優の鹿賀丈史(62)が出席した。

同ミュージカルは、ひと際大きな鼻を持つ剣豪、シラノ・ド・ベルジュラックがその大きな鼻を気にするあまり愛する人への想いを伝えられず、別人の名前で書いた手紙にその想いを綴るという切ないラブストーリー。

ミュージカルで手紙がカギを握るストーリーにちなみ、11月23日の『いい文(ふみ)の日』に開催された今回のイベント。一般公募で選ばれた9組が、大切な人に向けた手紙を朗読した。鹿賀は「ふだんは言えない本当の気持ちを伝えることができる。手紙はいいものだな、と思いました」と語った。

また、サプライズで共演の平方元基(26)が鹿賀に宛てた手紙を朗読する一幕も。「後ろ姿からたくさんのことを学びたい。がむしゃらについていきたい」などと鹿賀へ尊敬の眼差しが送られると、聞いていた鹿賀はすっかり照れた様子だった。

(撮影/江口明裕)

関連タグ: