9月18日にオランダで開催されたコンサートに、13.6キロ増という激太りの姿で現れ、ファンを驚愕させたレディー・ガガ。しかし、10月末のハロウィンのときに自身のファンサイトにアップした仮装姿の写真では、ほっそりした二の腕と引き締まった腹筋を披露。すっかり元のスタイルに戻ったようだ。ガガのたった1カ月半での激やせの秘密とは?

関係者によれば、ガガは、小麦粉とカフェイン抜きダイエットに取り組んでいるらしい。小麦粉をすべてカットし、行く先々のレストランでもそのことを事前にスタッフに伝えているそうだ。さらに、コーヒーやお茶などの、カフェインの入った飲み物も断っているのだとか。

「小麦粉が使われているのは、パンやクッキーなど糖質が多いものばかり。特にパンはバターが使われているので、脂質も高いんです。主食のパンやパスタなどを控え、同じ炭水化物でも、玄米などの血糖値が上がりにくい食品を選べば減量につながります。朝食のパンをご飯に替えるだけでも効果があります」

そう指摘するのは、管理栄養士で、ダイエット指導も行う岡田明子先生。血糖値が上がったとき、それを下げるために分泌されるのがインシュリンだが、余った糖を脂肪に蓄えてしまう厄介な働きもあるのだ。では、カフェインについてはどうだろうか。一説には、脂肪を燃やす効果があるともいわれているが……。

「カフェインは覚醒作用があるので、とりすぎれば夜眠れなくなります。睡眠時間が短くなると、レプチンやグレリンといった食欲に関連するホルモンの分泌が狂ってしまい、結果的に太りやすくなってしまうんです。コーヒーやお茶が好きな方は、1日1,2杯に抑えるようにしましょう」

関連タグ: