バルセロナ五輪体操の銀メダリストで、今夏のロンドン五輪でも解説者としてテレビなどに引っ張りだこだった池谷幸雄(42)。池谷といえば、競技引退後は2度の離婚や不倫問題など、さまざまな女性問題や金銭トラブルで話題をふりまいてきた。今年11月には、自らが経営する体操クラブのスタッフである30代女性とのデートが報じられている。そんな彼の新たな”女性問題”を本誌は関係者からキャッチした。

証言によると、池谷には前出のスタッフとは別に深い仲の女性がいて、さらに彼女は池谷の子供を身ごもっている、ということだった。お相手は電子書籍作家で、男女問題をサポートするライフ・カウンセラーでもある、西麻布よしこさん(40)。本誌が西麻布さんのもとを訪ねると、最初は困惑していたものの、「嘘はつきたくありませんので……」と、取材に応じてくれた。

彼女が共通の知人を通じて池谷と知り合ったのは今年6月のこと。その後メールの交換を開始。数日後に食事にでかけ、その夜に池谷のマンションに行ったという。

「ただ、はじめから池谷さんは『僕には本命の女性がいるから、結婚とかはしないから』と話していました。私もそういうことにはこだわっていませんでした。お会いしたのも、結局3度くらいだけでした」

しかし、池谷と男女の関係になってからしばらくして、彼女は妊娠に気付く。

「(妊娠したことを)メールで伝えましたが、彼も子供が大好きだから喜んでくれているようでした。彼には子どもの認知をお願いしたいと伝えました」

西麻布さんとの関係について、池谷の体操クラブに取材を申し込むと、本人から書面で次のような回答があった。

《彼女とは、一度だけではありますが関係を持ったことは事実です。妊娠の事実を告白され、産みたいということでしたので了承致しましたが、その後、彼女の方から別れを告げられましたので、彼女の意志を尊重致しました。しかし、折角この世に授かった命であり、子どもの未来もありますので、今後のことは、彼女と真摯に話し合い、誠意ある対応をしていきたいと思います》

西麻布さんは今後、池谷に養育費などを要求することもなく、さらには池谷とは会うこともないとさえ彼女は言う。

「私は出産すると決めていて、彼がこの子の父親、というだけです。予定日は来年の2月24日です。出産のときに彼に知らせるかどうか?いまはまだわかりませんね」

関連タグ: