NHK大河ドラマ『八重の桜』の主人公、綾瀬はるか(27)が演じる山本八重は、戊辰戦争のとき会津藩のために奮闘して”幕末のジャンヌ・ダルク”と呼ばれた女性だ。藩の砲術師範の家に生まれ、男まさりの奮闘をした八重。彼女をを演じるには、鉄砲の使い方やなぎなたの所作が非常に重要になる。 この大河ドラマにかける彼女の熱意と努力は、共演しているベテラン女優たちも”ビビる”ほどすさまじ...

関連タグ: