1月27日、R-1グランプリ準決勝が東京と大阪で同時に行われ、予選を勝ち抜いてきた総勢54名の芸人達がそれぞれ3分の制限時間内でネタを披露した。

今年ブレーク寸前、期待のピン芸人のキンタロー。と昨年の本大会で準優勝、2012年大ブレークしたスギちゃんらが登場。

前半戦特に会場から笑いが起きたのはWコロンのねづっち。高嶋政伸と離婚裁判で騒がれた美元に口説き落とされるという妄想ネタを披露。「高裁が発展して交際」などシュールなネタながらも貫禄の内容で会場は爆笑の渦に。

後半に登場した前田敦子のものまねで今年ブレーク寸前のキンタロー。は、準決勝でもAKBのモノマネとキレキレのダンスを披露すると、期待のスギちゃんは三回戦のおっぱい先生ではなく、「ワイルド」で再び勝負をかけて来た。独自のワイルドネタを仕分けるという内容で、ワイルドがまだどの程度通用するかを客の反応を見て仕分けるという苦肉の策に。

判定は観客と審査員の投票で決まり、結果は今月31日の記者会見にて発表される。

(撮影/高田崇平)