タレントの中川翔子(27)とロンドン五輪柔道女子金メダリストの松本薫(25)が『ドラゴンボールZ 神と神』の公開アフレコを28日に都内で行い、中川は同じく取材陣の前に登場した声優の野沢雅子(76)に「野沢様に会えて嬉しい!」と涙ぐんだ。

取材陣の前に登場したときから中川は、「涙が出てきた、がんばります。」と大好きなドラゴンボールに出演できた事に、感極まっている様子。17年ぶりの映画化決定を知ったときは興奮し、自身にオファーが来たときは「眠れなかった。悟空がかえってくる事が嬉しかった。人生最高のミラクルが起きた!」と話した。

野沢は二人の声優としての力量を、「(松本は)初めてとは思えない。第一声がとても良い」と話、「(中川は、今回のとあるシーンで)ブレーキがしっかりかかる良い演技をした。そして、かわいい」と絶賛した。

二人の”悟空に言ってもらいたいセリフ”のリクエストで野沢は松本に『カメハメハ』を送り、中川には「オッス、ショコタン。オラと飯食いに行かねえか?」とセリフを送ると中川は「行きますーー!うわーー!信じられない!」と感激しきりだった。最後に中川は「孤独だった子ども時代にドラゴンボールをみて癒された。今までのファンを裏切らない映画です」とコメントし会場を後にした。