純の父・善行が海に飛び込み、とんでもない事態に! NHK朝ドラ『純と愛』も後半にさしかかり、2月7、8日放送分では狩野家に”突然の悲劇”が訪れる。

ある日、認知症の晴海(森下愛子)が行方不明になり、必死に探した善行(武田鉄矢)は、誤って海に落ちた晴海を助けようと、泳げないにもかかわらず海に飛び込む。何とか晴海を浮きにつかまらせることはできたものの、善行は溺れて、ついに力尽きてしまう――。

武田鉄矢(63)は「11月の段階で『あと3週間ぐらいで死にますよ』と言われまして、ちょっと目の前が暗くなって(笑)。台本を読んで、ようやく善行の死の全体像がわかり、思いを込めて演じました」と語る。

死の間際、善行の思いを愛(風間俊介)がくみ取って純(夏菜)たちに伝えるシーンは、涙なくして見られません。

関連タグ: