デビューして10年目の“しょこたん”こと中川翔子(27)。「何度もエアー出産しています」と、日々妄想していることを明かした。

2月17日、『明星 Quick1』という1分で出来る新しいカップ麺のCMに出演した中川翔子が、 発表記者会見に登場。「人生約3万日という短い時間の中で、このQuick1のお陰で貪欲な食欲を満たし、更に趣味に時間をたくさん費やせるようになる」と、新商品をアピール。『Quick1』は通常お湯を注いでから3分はかかるカップ麺が1分で出来上がるという画期的なもの。加えて198キロという低カロリーで「ダイエットは永遠のテーマ」という“しょこたん”のみならず、女性に優しいカップ麺となっている。

「宇宙を笑顔に出来るアニソン歌手」になることが夢だという“しょこたん”。先日ロシアに落下した隕石に関して、「人体に被害を及ぼした隕石は過去に例がない。人生何が起こるかわからない。日々大切に生きないと」と危機感を覚えたという。

今夏にはプラネタリウムでナレーションも行う予定の“しょこたん”。今年10月にはハレー彗星よりも大きく輝く彗星の観測ができるということで、「できれば素敵な人と一緒に見たいですね」とそちらに対しても危機感を募らせている様子。「もし今5歳くらいの子供がいたら、お母さんはアニソンを歌っているんだよと教えることができる。エアー出産は何度もしている」と独特の妄想を語り会場を沸かせた。ちなみに「初恋の相手が木星」ということで宇宙が好きになったという彼女ならではの初恋話も打ち明けてくれた。

(撮影/高田崇平)

関連タグ: