「まだ取材は4~5件しか受けていないんですよ。自分に取材オファーが200件も来ているなんて、信じられない。それだってネットで知ったんです」と言うのは、『R-1ぐらんぷり2013』が終了して5日後のアンドーひであき(28)。

R-1で披露したダンスやパントマイム、顔真似などを融合させた”アンドロイドものまね”では、審査員や観客を圧倒した。芸名の「アンドー」もアンドロイドに由来しているという。惜しくもグランプリこそ逃がしたが、3千684人の中から最後の3人に選ばれ、大きなインパクトを与えた。

「基本的に僕がものまねをする人は好きから入るので、僕の芸は好きな人ばかりです。爆笑問題の太田さんが最初に完成した芸で、これも気づいたらできたという感じ。今のところレパートリーは30人くらいでしょうか」

高校卒業後は広告、ポスター、チラシなどのグラフィックデザインの仕事を21~24歳までしていたというアンドー。現在は昼間は酒屋、夜はBARで働いている。芸歴は’12年4月からわずか10カ月。ゴールデンウイークまでは仕事の予定がビッシリだそう。

「この状態が”まさか”すぎて、今も何も実感がないんです。人間っぽくない感じのネタは探していきたいとは思いますが、どんな仕事をしたいとか、どんな番組に出たいかも、実はあまりよくわからなくて……。でも、ももクロのライブには行きたいんですよね(笑)」

関連タグ: