今年3月にタレント復帰した中西モナ(37)。彼女は’10年8月に青年実業家と結婚を発表、’12年7月には女の子を出産。その彼女が、政界出馬に興味を持っているという。

「ここ最近、自民党の総務会長である野田聖子議員が党の関係者の集まりで『私が(モナを)立派な政治家に育てあげる!』と、話したそうです」(自民党関係者)

婚姻届の証人でもある野田議員から、全面支援をうけているというモナ。出馬は次期衆院選が考えられているという。

「ですが、解散がなければ次の衆院選は3年後の’16年。そのため『次の7月の参院選の候補としてぜひモナさんに出馬を!』と根強く推す声も党内にあるそうです」(別の自民党関係者)

そんな自民党の動きに戦慄しているのが、元恋人の民主党・細野豪志幹事長(41)だという。モナとの”路チュー”不倫現場をフライデーされたのは’06年10月のことだった。

「民主党政権では大臣も経験して、ようやく”モナの元カレ”というありがたくないニックネームで呼ばれなくなってきました。しかし、彼女が自民党から出馬すれば過去の醜聞が再びクローズアップされ”党の顔”でもある細野幹事長と民主党へのダメージは、相当大きなものになるでしょう」(民主党関係者)

関連タグ: