「離婚後も2人は毎日、電話やLINEで連絡を取り合っています。でも、最近はちょっと険悪になっているそうです……」(出版関係者)

4月21日、19.3%という番組史上最高の視聴率で最終回を迎えた『痛快!ビッグダディ』。“ビックダディ”こと林下清志さん(48)と、その大家族のドタバタを追いかけ人気を博してきた番組の最後は、女性自身のスクープ通り『夫婦の離婚』だった。ダディは4人の子どもたちを連れて故郷の岩手県盛岡市へ。妻・美奈子さん(30)はダディとの間に出来た蓮々ちゃんを含む6人の子供を連れて宮崎県日南市へ引っ越した。だが、そんな元夫婦に早くも“バトル”が勃発しているという。

4月26日にはダディが著書『ビッグダディの流儀』を出版したが、5月1日に今度は美奈子さんも著書『ハダカの美奈子』を出版。告白本の発売がぶつかることになったのだ。さらに美奈子さんは写真週刊誌『FRIDAY』5月10・17日合併号で、“セミヌード”を披露し話題を呼んでいる。そんな元妻の行動に対してダディは“激怒”していたという。

「美奈子さんの本の表紙を見た清志さんは『お前しゃべりすぎだ!』と彼女に電話をしたそうです。さらに夕刊紙やネット上で“ヌードグラビア”という衝撃的な見出しを目にした清志さんは『ヌードなんかやったのか!?』と美奈子さんを問い詰めたんです。しかし美奈子さんは『別れたのに、なんでそんなこと言われなきゃいけないの!?』と全く意に介しませんでした」(前出・出版関係者)

美奈子さんの著書では、ダディが言う通り「15歳で妊娠」「親からのDV」「二度の離婚」「元夫からのDV」と彼女の過去が赤裸々に綴られている。そしてダディとのSEXについても《別居したあとも、離婚を決めたあとも、清志さんはあたしの身体を求め続けた。最後は家族みんな、接骨院の2階に住んでたから、二人で小海に釣りに行った帰りに、「風呂でも入ってく?」みたいな感じでそういう流れになったりね》と暴露。彼女が出した告白本は発売日前にもかかわらず予約が殺到。アマゾンのベストセラー本ランキングでは、ダディを抜き堂々の1位に輝いた(4月27日現在)。

「ダディは当初『俺の本のほうが売れるだろう』と余裕の表情で話していたそうです。しかし、蓋を開ければ美奈子さんの方が思いのほか反響を呼んでいる。彼は内心、かなり焦っているみたいです」(前出・芸能関係者)

林下家の家族ドラマは、まだもうひと波乱ありそうだ。

関連タグ: