「引っ越してから宅急便がよく届くので、また何か届いたのかと思って玄関を開けたら『よっ!』と清志さんが立っていたんです。『マジか!?』と唖然としてしまいました」と明かすのは、ビッグダディこと林下清志さん(48)の前妻・林下美奈子さん(30)だ。

4月2日に離婚届けを提出してから45日。またもや衝撃の展開が起きていた!4人の子どもたちを連れて岩手県盛岡市へと移住したはずのダディが、宮崎日南市にある美奈子さんの自宅を“急襲”していたのだ。5月11日に初の著書『ハダカの美奈子』(講談社刊)の発売記念イベントのため、6人の子どもたちと上京していた美奈子さん。復縁について「今は考えていない」語っていたが、宮崎へ戻ったばかりの16日に“事件”は起きていた。

「実はその2日前の14日に清志さんから連絡があったんです。13日に東京から戻ると自宅の窓が開いていたので、清志さんに話したら『心配だから行こうか?』と言われて。でも、私は長男もいるから大丈夫と伝えました。そもそも取材を受けた際に『しばらく清志さんとは会わない』と言っていましたからね。シングルマザー再出発を応援する意味で本を買ってくださった方もいるので、いま彼と会うのは違うと思っていたんです」

だが、その後も『子供は大丈夫か?みんなに会いたいな!』と連絡があったという。結局、そのときは『行かない』という結論になっていたが、ダディは現れたのだ。離婚後、美奈子さんとの初再会を果たしたダディは、宅急便で荷物を送った際の住所だけを頼りにやって来たという。手土産は岩手県のものではなく、なぜか東京のチョコレートだった。

「久しぶりに会う清志さんは少し痩せていました。向こうでダイエットしたそうです。私を見て『顔が疲れているな』とマッサージをしてくれたのですが、それが気持ちよくて。30分ほど寝てしまいました(笑)。その後、お互いの本の話や子供たちの学校の話もしました。都美(ダディの4女)が書いた私の長男宛ての手紙も手渡されました」

そうしているうちに子供たちが帰宅。みんなダディがいることに驚き少し戸惑っていたという。「一番下の蓮々(ダディとの娘)はパパっ子だったのに、2カ月も離れていたせいか最初は誰かわかんなかったみたい(笑)。みんなが揃うと清志さんは『柔道やるぞ!』と家の中で乱取りを始めました。その後はカレーを作り始めましたが『材料が足りない』と言うので私が買いに行くことに。でも『懐かしいな』と昔を思い出していました」と語る美奈子さん。結局ダディは16時半の飛行機で帰る予定を変更して17時半までいたという。

「色々あったけど久しぶりに会えてよかった。でも。どうせならみんなで来てほしい!」

関連タグ: