6月3日、海外ドラマ4作品のDVDリリースに合わせ、吹き替えを担当した俳優の山下真司(61)と特別ゲストとしてタレントのKABA.ちゃん(43)が登場。アテレコイベントを都内で行った。山下は、「モノクロの時代から洋画を見ているので、やったぁ!という気持ち」と熱を込めた。

悪役コーチ役の吹き替えを行った山下は、「やっぱり難しい」と弱音。また、特別ゲストとして松岡の相手役を演じたKABA.ちゃんは、「(声をあてるのを)なめてたんだけど、タイミングは難しいし、(海外ドラマは)リアクションが大きいから大変」と、苦労を話した。

DVDリリース4作品の中の”特殊能力”をモチーフにしたものに話が及ぶと、KABA.ちゃんは、「瞬間移動がほしい!それで好きな人のところに行くの。もし、メールとかして断られたら、本当にそうだったか確認しに行く!」と会場を沸かせた。

また、芸能界での”モンスター”は?と聞かれた山下は、「梅宮辰夫さんです。ロケに一緒に行った時、朝7時の集合の際、ビールにお弁当。ロケでうどんを食べたあと、ビールにメザシ。ロケが終わった後の新幹線でお弁当3つ」と驚愕エピソードを話し、会場を後にした。

(撮影/夛留見彩)

関連タグ: