6月12日、歌手の和田アキ子(63)がデビュー45周年記念コンサートツアーの公開リハーサルを都内で行い、秋元康(55)が作詞した新曲『今でもあなた』を初披露した。

同曲は思い出の中の“あなた”を想い続ける曲で 秋元が和田のシングルを手がけるのは、‘96年発売の『Mother』以来。秋元は“和田アキコを代表する曲にしたい”と、快諾したという。

自身も「もっと早く出すはずだったのに、あきもっちゃんが遅れちゃって。AKBの選挙で大変だったんでしょう。私も45周年だからAKO45。いつもセンターよ」とアッコ節を炸裂させた。45周年については「45年もやれるなんて思ってなかったけど、まだ通過点です」と笑顔で話した。

また“体調不良”でレギュラー番組降板を公表した矢口真里(30)に対しては「もっと心配したほうがいい」と案じつつも「まずは謝罪でしょう。早くハッキリさせたほうがいい」と苦言を呈した。

(撮影/小山伸正)

関連タグ: