「矢口さんは実家近くの自宅マンションにいるのですが、外出もせずに、ずっと引きこもっている状態が続いています」(芸能関係者)

不倫騒動の末、5月30日に中村昌也(27)と離婚した矢口真里(30)。離婚後は“体調不良”を理由にすべての仕事をキャンセル。表舞台から姿を消している。

「騒動の詳細が赤裸々に明らかになったことで、彼女は『誰も信用できない。人目が恐い……』と疑心暗鬼になっているそうです。また先日、美川憲一さんが電話したそうですが、彼女は号泣していたそうです」(前出・芸能関係者)

騒動前はテレビに引っ張りだこだった矢口。だが、今ではテレビ局のプロデューサーたちからも「もうキャスティングできない」との声が噴出しているという。

「彼女は一日中、スマートフォンで “LINEゲーム”をしているようです。このゲームは、最高得点を叩き出すとLINEで登録している同じグループの知人に通知されるのですが、最近そこに彼女の名前が上がったそうです」(矢口の知人)

芸能リポーターの城下尊之氏は、彼女の今後をこう語る。

「所属事務所は『あと半年もすれば芸能界で彼女の居場所がなくなる』と危機感を抱いているようです。そのため、すでに復帰に向けて水面下で動き始めています。一発目は大御所タレントの番組でうまく捌いてもらい、“禊ぎ”としたいと考えているようです」

芸能界で生き残れるか、今がまさに正念場のようだ。

関連タグ: