《今日 七月二十五日は 娘の麗禾さんの二歳の誕生日 大きくなってくれて ありがとうございます》
 そう喜びをブログに綴った市川海老蔵(35)。長女の記念日を、妻の小林麻央(31)が手作りしたケーキで祝ったという。

「麗禾ちゃんは、やはり歌舞伎役者の娘なんですね。みんなで『ハッピーバースデー』を歌ったとき、麗禾ちゃんは扇子を持って踊り出したそうです。これには海老蔵さんも大喜びだったそうですよ」(前出・知人)
 海老蔵は目下、8月3日に初日を迎える自主公演『ABKAI』(シアターコクーン)の稽古で大忙し。そんなパパのために、家族でのお祝いは午前中に済ませていた。

麗禾ちゃんの誕生日の数日前、麻央は勧玄くんの4カ月検診に出かけた。
「麻央さんの赤ちゃんは、体も大きく、もう顔立ちがしっかりしていました。ほかのお母さんに『かわいい赤ちゃんですね』と言われて、麻央さんも『ありがとうございます』と答えて嬉しそうでしたね」(検診に居合わせた母親)
 
元気なお姉ちゃん同様、勧玄くんもすくすくと成長しているようだ。麗禾ちゃんの誕生日の昼過ぎ、二人の子供を連れ、義母の希実子さんのもとを訪ねる麻央の姿を本誌は目撃した。
パステルカラーのかわいらしいスカート姿の麗禾ちゃんはとてもごきげんそうだった。

「麗禾ちゃんは、お父さんに似て活発ですね。海老蔵さんの実家でも、犬と遊ぶ笑い声が、響きわたっていました」(近隣住民)

 麗禾ちゃんが活発なのはよいのだが、麻央にはこんな“悩み”があるのだという。

「それは、麗禾ちゃんがすぐに服を脱いで裸になってしまうことなんです。家の中で海老蔵さんがよく裸同然でうろうろしているのを見て、真似しちゃうみたいで(笑)。麻央さんはこれを防ぐ“秘策”として、家の中でも麗禾ちゃんにかわいい服を着せ、脱がないように仕向けているそうですよ」(前出・知人)
誕生日の麗禾ちゃんのおめかしも、そんな苦肉の策の表れだったようだ。真夏の育児奮闘の日々は続くが、二人の子供の成長は、海老蔵と麻央の何よりのパワーの源だ。

関連タグ: