7月30日、ベニバラ兎団第14回公演『パライソの海-小さな花の夜露に映る月-』の公開リハーサルが都内で行われ、団員のIZAM(41)、野沢トオル(46)、石井あみ(32)、SHOGO(33)のほか、ゲスト出演する千葉県船橋市非公認キャラクターのふなっしーが登場した。

総合プロデュースを手がけたIZAMは、ふなっしーのキャスティングのきっかけを「息子がテレビでふなっしーを見て、『何だ、コレ!?』って言ったんです」と話す。さらに「機敏でエキセントリック。いい意味で僕たちの世界観を壊してくれると思いました」と期待を寄せた。

記者から稽古時間についてきかれたふなっしーは「送られてきたPDFでイメージトレーニングをしたからバッチリなっしー!」と自信満々。しかし「実際の練習時間は?」と突っ込まれると「ゼロなっしー!」と告白。これに野沢が「(ふなっしーのモチーフである)梨は新鮮なほうがいいからね」とフォローした。

今月26日に発売したDVD『ふなのみくす』がオリコン週間DVDランキング「バラエティー・お笑い部門」で1位になったふなっしー。SHOGOが「楽屋で売上げの話を一緒にしたんです」と明かすが、ふなっしーは「ありがとうございます。でも、なんかごめんなさい」と話し、笑いを誘った。

また、お笑い芸人ジャルジャルの福徳秀介(29)と交際中の石井は、記者から「彼氏にも見に来てほしい?」と聞かれ「はい。ぜひ来てほしいですね」とこたえた。

(撮影/夛留見彩)

関連タグ: