7月29日、東京・墨田区にある江戸東京博物館にて特別展示『花開く 江戸の園芸』のプレス内覧会が行われ、女子レスリング金メダリストの吉田沙保里(30)と加藤清史郎(11)が出席した。

司会者から「育ててみたい植物は?」と質問された清史郎くんは、江戸時代に流行した“形が変わるアサガオ”を挙げ、「丸い形がどう変化するのか、見てみたいです」と回答。吉田が「夏休みの自由研究に最適じゃない?」と聞くと、加藤は「もう始めちゃってます……」と返し、笑いを誘った。

さらに同展示が20周年記念であることにちなんで、「20年後は何をしている?」という質問も。吉田は「50歳なので、それまでに結婚したいのですが……。早くいい人を見つけて、幸せな家庭を築きたい」と結婚願望をのぞかせた。

加藤は「32歳になるんですけど、どんなふうになっているんだろう。俳優かな。でも、野球も好きなので。予想できないです」と戸惑い気味。さらに「ヒゲ、生えちゃうのかな?」とつぶやくと、吉田が「絶対生えるよ!」と突っ込み、会場を盛り上げた。

(撮影/鈴木鍵一)

関連タグ: