お笑いコント日本一を決定する「キングオブコント2013」が9月23日に都内で行われ、かもめんたる(岩崎う大・35、槙尾ユウスケ・32)が6代目王者の座を勝ち取った。

 放送終了後の会見で槙尾は「3位に終わった去年から、1年間優勝を目指してネタ作りをしてきました。それが決勝でやったのがよかった」と嬉しさをにじませ、岩崎は「自分の人生にこんな日が来るなんて!!」と感無量の様子。

 賞金1000万円の使い道を聞かれると、2人は「手伝ってくれた人に恩返しがしたい」と話した。また、同じ事務所で同じ早稲田大学出身の小島よしお(32)について槙尾は「小島が売れなければ俺たちは組んでいなかった」と振り返った。

 岩崎は小島について「決勝の直前、『優勝してもしなくても、すぐに“かもめんたる会議”を開こう』と言ってくれて。ありがとうと言いたいです」と感謝の言葉。さらに岩崎は「小島はプロデューサーみたいな存在なので、今後の相談がしたいです」と話した。

(撮影/桑原 靖)