10月上旬の正午前、東京都・大田区内のオシャレな駅前に1台の車が停まった。後部座席から降りてきたのは、桜田淳子(55)だ。

 運転席の夫・東伸行氏(58)に手を振ると、近くのスポーツクラブへと入っていった。 11月26日に東京・博品館劇場で開かれる、1日限りのベストアルバム発売記念イベントに出演が決まった桜田。
「淳子さんの姿は、週に1~2度は見かけますよ。1時間半近く、ウエートトレーニングやランニングマシンで汗を流し、泳いでもいるみたい」(スポーツクラブ会員の女性)

 実は、このスポーツクラブに入る直前、すぐ手前にある和牛専門の高級焼肉店のランチメニューの写真を、彼女が1分以上食い入るように見つめていたのを本誌は目撃。誘惑を断ち切るような表情をして、クラブに入っていく姿を見逃さなかった。彼女が出てくるのを待って、直撃した。

「ダメですよ、こんなところまで追いかけて来ちゃ。この前、主人も直撃したでしょ」
 久しぶりに話す彼女は、困惑気味。

ーー復帰イベントはどんな内容に?
「本当にまだ何も考えてはいないんですよ。その場に行って、ファンの方たちの前に実際に立たせていただいて。そのときになってみないとわからないでしょうね」
ーー不安はないですか?
「というか、楽しみですね。でも、取材に来てもらっても入るのは無理ですよ(笑)。抽選になってしまいますから。(チケットは)周りの人たちから頼まれるのも、全部断っている状態。じつは、家族も入れないんですよ」

 17年間のブランクを少しも感じさせない笑顔だった。

関連タグ: