「今月、再デビューしてから初めてのコンサートがあるんです。2デーズを予定していたんですが、うれしいことに完売になって、25日の追加公演が決まったんですよ」
 充実した笑顔だった。昨年12月5日、『FNS歌謡祭』で再デビューを果たした華原朋美(39)は、一歩一歩着実に、歌手の道を歩んでいた。

 再デビューからの1年を振り返ってもらうと、間髪いれずに弾んだ答えが返ってきた。
「いや、もう、すっごく幸せですよぉ。忙しいとか、仕事がぎゅうぎゅう詰めで大変とかっていうのが、逆にうれしく思える1年でしたから。お給料が自分の銀行口座に振り込まれ、通帳にお金が入るっていうことが、すごくうれしかったですね。『あっ、私は社会人として認められたんだ』っていう感覚でした」

 この日、本誌にはどうしても聞かねばならないことがあった。華原に“新恋人”が現れたらしいのだ。本誌が掴んだ情報によれば、夏ごろから、華原は慶應大学講師の竹田恒泰氏(38)と交際を始めたらしい。
 竹田氏といえば、明治天皇の玄孫(孫の孫。皇太子殿下も明治天皇の玄孫にあたる)にあたり、東京五輪招致で奔走したJOC竹田恆和会長(65)の子息というサラブレット。最近では著書がベストセラーを連発する若手の論客だ。

 臆せず、ズバリ聞いてみた。
――竹田恒泰さんと交際されていますよね?
 華原も、本誌の質問に覚悟を決めてくれたようだ。
「今年の7月に『ダウンタウンDX』でご一緒させていただいたのがきっかけです。収録日にたまたま隣にいたのが、彼。竹田クンでした」

 話が盛り上がり、竹田氏からデートに誘われたという。
「後日、待ち合わせをすると、彼は、私の誕生日が近いからって、サプライズでお誕生日のお祝いをしてくれたんです。昭和天皇ご愛用のバッグをプレゼントにいただいて」

 その後、2人はデートを重ねた。鎌倉へドライブデートしたことも。
「今までは、自分が相手を好きになりすぎて、尽くすことしかできなくなって、その挙げ句、自分を見失っちゃうみたいなパターンが多かったんですね。でも、彼は何でもしてくれるので……。タイプではあるんです。私、細くて、色が白くってという男性が昔からタイプなんです。ズバ抜けていて、誰も持っていないものを持った人が好きなので……」

 竹田氏も本誌の電話取材に、「2人のことは見守ってほしい」と話した。順調な関係を築いているのだろう。華原へのインタビューはたっぷり1時間半。危なくもなく、優等生すぎず、自然で飾らない、素のままの朋ちゃんがそこにいた。
 長年、彼女を追ってきた記者は確信した。たとえ、この恋がどっちに転んだとしても……華原朋美、完全復活!

関連タグ: