昨年12月に活動復帰を果たした歌手の華原朋美(39)が、11月6日に東京・表参道ヒルズで行われた“映像アートクリスマスツリー”の点灯式ライブに登場。『女性自身』11月19日号のインタビュー記事で恋人候補と報じられた竹田恒泰氏(38)について報道陣の前で語った。竹田氏は明治天皇の玄孫で大学講師を務めている。

 華原は竹田氏との出会いを「番組の共演で隣に座ったんです。『LINEやってますか?』と私から声を掛けた」と振り返り、「好青年の素晴らしい方。かけ離れた世界の方なので、こんなふうになるなんて……」と驚きを交えて話した。「『重いなー』と言えば荷物を持ってくれる優しい人」と竹田氏に惹かれつつある心境を明かした。

 まだ交際には至っていない華原。「付き合う可能性は?」と聞かれると「この1年は迷惑を掛けた人に恩返しをする年。年内は“恋”や“愛”は考えられない」とコメント。報道陣に「年明けは?」と突っ込まれると、「来年はまた改めて話し合いたい」と交際の可能性を示唆した。

 クリスマスの予定は「お互いに仕事で忙しい」と話す華原だが、ジムの帰りに竹田氏とおそろいのシューズを買うなど良好な関係を維持。竹田氏からのアプローチは熱く、「『ずっと待ってる』と言われました」と顔を赤らめた。

 この日華原は今月13日発売の新曲『アメイジング・グレイス』を初披露。背中を出した大胆なドレス姿で登場し、「背中を出すのでトレーニングしてきました。昨日の夜もヨガをして」と自信たっぷりに話した。

(撮影/鈴木鍵一)

関連タグ: