11日、名古屋グランバスに所属するFWの玉田圭司(33)が自身プロデュースのフットサルコート『KT ESTADIOフットサプポイント津田沼』のオープニングイベントに出席した。

オープンの感想と聞かれると、「地元の千葉で『KT STUDIO』をオープンすることができて嬉しいです。コンセプトは『コジアケロ』なのでたくさんゴールをこじ開けてほしいですね」と語った。

プロデュースするにあたり、“カッコよさ”にこだわったという玉田は「黒ベースにしたり、ネットの色をグレーなどシックな色にしてみました」と完成したフットサルコートに満足した様子。

また3月には同施設でサッカースクールも開校する予定で、「ここでしか伝えられないことを教えていきたいと思います」とサッカー選手を夢見る子どもたちへの期待を口にした。

※ケーティー エスタジオフットサルポイント(千葉県船橋市津田沼) http://kt-estadio.jp/

(撮影/柴田悟)